犬にとって不向きな果物とは

Pocket

近年ではドッグフードに色々な果物が含まれていることがありますが、果物なら何でも犬に与えていいというとそうではありません。犬は比較的食べてはいけない食べ物が多く、果物も犬に与えてはダメなものも存在しています。ドッグフードに含まれていることはほとんどありませんが、果物を与える機会がある飼い主もいると思うので、犬にとって不向きな果物について説明します。

まず1つ目はぶどうです。一見何の問題もないと思いがちですが、ぶどうは腎不全や下痢、中毒症状が報告されていると言われています。特に腎臓に持病がある場合は重篤症状の恐れもあるので注意が必要です。また、ぶどうに似ているレーズンも与えてはいけません。レーズンは干されている分大量に摂取すると胃がパンパンになり危険だとされています。ぶどうやレーズンは与えないように気を付けましょう。

続いて2つ目はいちじくです。いちじくにはソラレンというものが含まれており、摂取すると中毒性があるので嘔吐や過剰なよだれなどを出す恐れがあります。口の中で炎症を起こすことでよだれなどが大量に出てしまうことがあるので、与えてはいけない果物です。

このように、果物を与える飼い主は与えてはいけない果物についても知っておくといいでしょう。心配な方は果物入りのドッグフードを購入すると安心です。