果物入りのドッグフードを通販で購入しよう

果物が入っているドッグフードは全ての場所で販売されているとは限りません。市販で購入しようとしても取り扱っていない可能性もあります。取り扱っているところを確実に探すためには通販を利用する方がいいでしょう。

☆PICK UP☆モグワン|手作りレシピを厳選食材で実現!穀物不使用のドッグフード―MogWan
クエン酸が含まれているリンゴを使用したモグワンドッグフードです。

では、具体的に通販にはどのようなメリットがあるのかについて説明します。まず1つ目はドッグフードの種類が豊富にあることです。市販の場合は陳列できるドッグフードの数も限られるので、全てのドッグフードを並べるというのは場所も取るので難しいと言われています。しかし、通販ならインターネットを利用して販売をするので、実際に陳列する必要はありません。その為、たくさんのドッグフードを販売することが実現できます。種類が豊富なら果物入りのドッグフードなどを簡単に見つけられるので魅力的です。

続いて2つ目は口コミや比較をしてドッグフードを選べるのも魅力的です。例えば初めて購入するドッグフードなら利用者の声を聞くために口コミを閲覧することでどんな商品なのか意見を聞くことができます。また、比較サイトなどを利用すればどのドッグフードが愛犬に合っているのかなどを一目で知ることができます。手間なく求めているドッグフードを選べるので通販ならではの魅力です。

犬にとって不向きな果物とは

近年ではドッグフードに色々な果物が含まれていることがありますが、果物なら何でも犬に与えていいというとそうではありません。犬は比較的食べてはいけない食べ物が多く、果物も犬に与えてはダメなものも存在しています。ドッグフードに含まれていることはほとんどありませんが、果物を与える機会がある飼い主もいると思うので、犬にとって不向きな果物について説明します。

まず1つ目はぶどうです。一見何の問題もないと思いがちですが、ぶどうは腎不全や下痢、中毒症状が報告されていると言われています。特に腎臓に持病がある場合は重篤症状の恐れもあるので注意が必要です。また、ぶどうに似ているレーズンも与えてはいけません。レーズンは干されている分大量に摂取すると胃がパンパンになり危険だとされています。ぶどうやレーズンは与えないように気を付けましょう。

続いて2つ目はいちじくです。いちじくにはソラレンというものが含まれており、摂取すると中毒性があるので嘔吐や過剰なよだれなどを出す恐れがあります。口の中で炎症を起こすことでよだれなどが大量に出てしまうことがあるので、与えてはいけない果物です。

このように、果物を与える飼い主は与えてはいけない果物についても知っておくといいでしょう。心配な方は果物入りのドッグフードを購入すると安心です。

ドッグフードにはどんな果物が含まれているの?

ドッグフードには様々な食材が含まれていますが、近年では果物が含まれているドッグフードも登場しています。では、具体的にドッグフードにはどんな果物が含まれているのでしょうか。

まず1つ目はりんごです。人間でもりんごは腸内環境を整えてくれるので定期的に食べた方がいいと言われています。犬も同じでりんごを食べると腸内環境が整いますし、さらに体内の栄養バランスを整えるミネラルやカリウムも多く含むので、疲労が溜まっている犬にも効果があると言われています。

続いて2つ目はいちごです。いちごにはビタミンCが豊富に含まれているので、ビタミン不足の犬たちには効果的なドッグフードと言われています。また、ストレス軽減効果も期待することができるので、ストレスが溜まりがちな犬たちは摂取したい果物です。その他にもカロリーが低くなっているので、肥満体質の犬でも食べることができます。

それから3つ目はバナナです。りんごと同じようにバナナは腸内環境を整える効果があります。お腹を壊しがちな犬にはバナナが含まれているドッグフードを選ぶといいでしょう。

そして4つ目はスイカです。スイカは果物の中でも最も水分が多く含まれている果物です。カリウムが豊富なので例えば尿があまり出ない犬はスイカが含まれているドッグフードを与えるといいでしょう。

このように、果物が含まれているドッグフードはいくつかあります。それぞれ果物に応じて効果も異なるので、与える場合は事前に調べてから購入しましょう。